FC2ブログ
Calendar
2020.04.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

長谷川 篤司

Author:長谷川 篤司
神奈川県内にて、音楽イベントを通してリアルコミュニケーションの場を創り出しているNPO法人アークシップ代表のブログです!!

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード

代表の間

NPO法人アークシップ代表が綴る徒然日記です。

2007.07.19 Thu 14:36
ARCSHIP誕生秘話とは、ARCSHIPは何故・どのようにして誕生したのか、小説風に紹介していくコーナーです!!



**************************************************************************
第3話「代表、新たな道に進む」の巻


この頃、小学生からの同級生の佐々木浩から「バンドをやってみたい」と相談を受けた。彼がバンドを始めたのは20代後半からで、珍しいパターンだった。

「じゃぁビートルズをやろうか?」と知り合いのバンドマンを集めてスタジオに入り始めた。今まで一人でギターを弾いていただけだったので、緊張しながらも楽しんでいた。

「ただ練習しても上手くならないので目標を決めよう!!そうだ、ライブをやろう!!」
そんな話が出た時に、ストーンズカバーバンドのライブが開催することになり、参加することとなったのだった。


2002年4月、初めての社会人バンドイベント「ROCK THE FIRST」

070726_2224~01.jpg



この日を目標に2つのバンドはスタジオで練習を続けてきた。

「どんなイベントになろうだろう?」と不安も感じたが、何よりライブの日が楽しみで仕方がなかった。

そして、イベント当日・・・


お客さんは100名を超えていた。席に座ってみているサラリーマン風の方から家族、後で踊っている人、飲み屋のお姉さん系・・・・いろいろな人たちが来ていた。
ストーンズのバンドもビートルズのバンドも、ステージに上がれた喜びを感じながら、ただただ楽しんだ。そして、その演奏を聞いていたお客さんも楽しんでおり、素晴らしいイベントになった。


言うまでもなく、ライブ後の打ち上げは朝まで大盛り上がり。


「一つのライブで充実感を得たのはいつぶりだろう」


またここで、ライブの楽しさという原点を見る機会を得ることが出来た。


「こんなに楽しいのなら、定期的にイベントをやろう!!」


社会人バンドの底力を知った僕は、週末ミュージシャンの為のイベント「おとバン~大人バンド倶楽部」を立ち上げ、バンドでのプロになることはやめて、新たな道を進もうと決意した。


このイベントの1ヶ月後、おとバン参加メンバーの一人近藤氏を介し、神奈川県の方とお会いした。
ここで人生が大きく変わることになるのである・・・・







次回予告 「第4話 代表、コンテストイベントを企画する」

社会人バンドイベントを終了したのも束の間、人生を代えるきっかけがある日突然おとずれた。そのきっかけとは・・・・

スポンサーサイト




Trackback URL

Top

Copyright © 代表の間 All Rights Reserved.

Designed by Flug