FC2ブログ
Calendar
2018.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

長谷川 篤司

Author:長谷川 篤司
神奈川県内にて、音楽イベントを通してリアルコミュニケーションの場を創り出しているNPO法人アークシップ代表のブログです!!

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード

代表の間

NPO法人アークシップ代表が綴る徒然日記です。

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.07 Tue 21:32

 2/3(金)~2/7(火)まで、フィリピンにあるボホール島に行ってきました!!

隣のセブ島の方が有名なのですが・・・なぜボホール島に行ったかというと「海がきれいで、白い砂浜がありのんびり出来るから

ボホール2


日本からも飛行機で軽油も入れても5~6時間なので比較的近いし、なんと言っても寒いのが苦手な自分としては、海外に脱出したかったというわけです。

それと、現地の食事が日本人にあうこと、物価がやすい。

ボホール3


1リットルのビールで、\200でした。注文して出来てたサイズにびっくりした写真・・・
ボホール1



観光地を回るという旅行は疲れちゃうので、のんびりと海岸で時間を忘れて過ごしたいんですよね~~~


後日完全なる自己満と自分の旅の思い出を残すために後日ブログに書こうと思ってますが先に雑感を書いてみます。



海外に行っていつも思うことが2つあります。
それは「日本人が英語を話せた方が良い」と「日本は本当に様々なことが行き届いている」の2つ。


フィリピンでは地元の言葉と英語の2つを使える。
幼稚園は全て英語で授業するらしい。


外国人の旅行者は、気軽に話しかけてくるが、英語が話せないとどうしても気後れしてしまうのでそれがもったいない。外国人と話すことで、日本人であることを意識する機会は愛国心という意味で必要な感情だと思う。

当然空港の案内板もホテルの説明書類も全部英語。英語が理解できれば、海外に行くことは苦にならないことが増える。

そして、旅行とは逆の立場になるが、日本に来る海外旅行者への対応。

日本も観光誘致を進めているが、せっかく来てもらっているのだから、ホテルだけではなく鎌倉の御茶屋のおばさんも駅のキヨスクもお土産屋のおじちゃんも英語でコミュニケーションがとれた方がより楽しい旅になるだろう。



2つめの「日本は行き届いている」ということだが、まずマニラ空港で国内便への乗り継ぎがあったのだが、14時30分発なのに、14時25分になってもいっこうにゲートが開かない。それどころか、飛行機すらまだ来ていない状態。

他にも日本人が待っていたが、みんなそわそわして何度も聞きに行く。
掲示板に「DELAY」の文字も無いから、自分が間違えているんじゃ無いかと不安になってくる・・・

そんな中搭乗口でパイロット・CA・受付スタッフは大声で笑いながら話してる。
「2~30分くらい関係なくねぇ~~」みたいな感じ。


現地に着き、ホテルに向かう道中は車だったが、約30分の道のりで1回も信号は無かった。
車の数が少ないわけでは無いですよ。バンバン通っていて右折も左折もぐっちゃぐちゃ。

日本なんて最近大きな交差点は直進と左折のみしかできず、右折が出来ない所も多い(昔からこれは過保護過ぎると思っているが)

ホテルのスタッフも我々と話すときはしっかりした態度だが、気付くとスタッフ同士で大笑いしている。


一言で言えば「ゆるい」ということになるかな。



「ゆるさ」へのあこがれはあるが、日本のきめ細かさの否定するものでは決してない。

ここまでのメンタリティを平均的に持てる日本人はすごいなと逆に思うのだ。


まぁ、もう少し緩くても良いかなとは思うけどね・・・・


スポンサーサイト

Copyright © 代表の間 All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。