FC2ブログ
Calendar
2020.04.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

長谷川 篤司

Author:長谷川 篤司
神奈川県内にて、音楽イベントを通してリアルコミュニケーションの場を創り出しているNPO法人アークシップ代表のブログです!!

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード

代表の間

NPO法人アークシップ代表が綴る徒然日記です。

2011.03.13 Sun 23:31

 3/12(土)は、カナガワミュージックサミット2011の本番日でした。

地震のあった3/11(金)は、18時から仕込みの予定だった。



地震後、なかなか電話が繋がらなかったが、ようやく共催である神奈川県の担当者に連絡がつき、ホールに確認をとってもらった。

17時頃、ホールの点検が終わり開催は可能との返答が入り、アークシップの判断で開催可否を決定することになる。



しかし、照明チームは会場入り出来たが、舞台監督・音響チームは会場に来られない。


地震は今までに味わったこと無い揺れで、開催は難しいと思ったが、それでも開催出来るかどうかは翌日の朝まで決定を延ばすことを決め、照明と舞台設営物のみ仕込むこととし作業に入ってもらった。



舞台と運営のアークシップ担当者に現場は任せ、自分は出演者と主催者に連絡するため事務所に戻った。



その帰り道、コンビニにおにぎりやパンが何もない事に気付く。
そして、国道一号には電車が止まり歩く人たちの姿が・・・

異常な事態になっていることに気が付くが、それでも一時的な物だろうと思っていた。



事務所に戻ってテレビを付けると、その甘い考えは一瞬で消えた。
横浜のダイエー前の道が崩れているし、ハマボールの天上も落ちていた。



各イベントの担当者である各市町村担当者と連絡を取ると、緊急避難所の対応や職場待機となっていた。
こうなると、翌日の本番に担当者が来られる可能性は非常に低い。


しかも、三浦市は完全に停電している状態で、津波の危険性もあるとのこと。


連絡を終え、家に戻ったのは深夜1時頃。



気持ちは高ぶって寝られない。
仕方なくテレビのニュースを見るが、状況は悪くなる一方だ。



翌日7時の開催判断については、次のように決めていた。


◎朝7時の段階で、都心部と県内の電車が1つでも止まっていたら中止
◎余震が起きたら中止


朝6時に起き、ニュースを見ると電車は動く予定だが、まともに動いていない。


この状況下で、お客さんがイベントを楽しめる環境になるわけがないし、会場に来た出演者・お客さんそしてスタッフの安全について責任を負えないことから、朝6時40分頃に中止を決めた。



どのタイミングがベストな判断だったかは分からないが、仕込みに関わった技術スタッフやアークシップメンバーに怪我はなかったし、出演者・主催者も無事だったから良しとする事にした。




仙台で起きている現状を考えれば、これくらいは何でもないのだから。




スポンサーサイト




Copyright © 代表の間 All Rights Reserved.

Designed by Flug