FC2ブログ
Calendar
2020.04.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

長谷川 篤司

Author:長谷川 篤司
神奈川県内にて、音楽イベントを通してリアルコミュニケーションの場を創り出しているNPO法人アークシップ代表のブログです!!

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード

代表の間

NPO法人アークシップ代表が綴る徒然日記です。

2010.02.21 Sun 22:00

 いやぁ~~~昨日のおとバン54「80年代J-POP&ROCKコピーバンド大集合!!」は面白かったですよ!!

おとバン54は、昨日のブログに書いたパパとボクのイベントの後に移動して観ていましたが・・・

「音楽の楽しみ方っていろいろだな」って改めて思いましたね。




さて、今回この企画を思いついた経緯を書きます。


おとバンは「出演者がバンドを楽しむ場を創る」ことが主軸に置かれています。
お客さんは、その演奏を楽しむだけでなく、「演奏している姿=日常とのギャップ」も楽しむ。


これはこれで成り立ってはいるんだけど、もう一歩先に進めることは出来ないのだろうか・・・・


そこで思いついたのが「年代やジャンルを絞ったおとバン」を開催し、お客さん目線を重視しつつ出演者も楽しめる内容にする事でした。




結果から言うと、お客さんは最初から最後までいてくれる人が多く、そのほとんどが口ずさんでくれていました。
お客さんが知っている曲ばかりだったということ。狙い通りで、大成功です。

ただでさえ出演者も若かりし時に聴いていた曲をコピーすること自体が楽しい上に、お客さんが楽しんでくれれば出演者もどんどん楽しくなって、演奏が良くなっていく。



だから、会場の雰囲気が良くなる。


こんな相乗効果も出て来ました。




この企画で、「その年代の曲は知らないから観に行きたくない」という人がいたとする。
でも、それでOK。「別のおとバンで好きなジャンルだったら観に来て下さい」で良い。それくらいターゲットを絞ってしまった訳です。



80年代を選んだのは、僕が中学生~高校生になるくらいの頃で良く音楽を聴いていたので詳しいということと、80年代は良い意味で浮ついた音楽が多いと思っているから。


60年代~70年代は、音楽的に素晴らしいのは間違いないんだけど、一般の人は知らない曲が多いのも事実。

80年代の音楽は、ウオークマンやCDラジカセの登場などで音楽を聴くことが近くなっていた時代だから、マニアックに音楽が好きじゃなくても、ベストテンや夜のヒットスタジオで聴いていたという人も多いはず。

だから、メーカー側も一般ユーザーにも受け入れてもらうことを考えて、ポップでキャッチーな曲が多いと僕は思っている。


で、その悪しき慣習だけが残ってしまったのが現在の音楽業界・・・・



あれ、私的音楽評的になってきた。
1回分ネタを損したかな。




ジャンルを絞ることは、出演者募集時にリスクも負うので、どのように続けて行くかはおとバンMTGで話していくつもりです。



スポンサーサイト




Copyright © 代表の間 All Rights Reserved.

Designed by Flug