fc2ブログ
Calendar
2024.02.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

長谷川 篤司

Author:長谷川 篤司
神奈川県内にて、音楽イベントを通してリアルコミュニケーションの場を創り出しているNPO法人アークシップ代表のブログです!!

リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード

代表の間

NPO法人アークシップ代表が綴る徒然日記です。

2012.01.20 Fri 23:24

14日(土)に、アークシップ遠足という新たな試みで、立川の「ふじようちえん」の見学会に行ってきた。


なぜ行こうかと思ったかというと、この幼稚園はあのクリエイエティブディレクター佐藤可士和がデザインした幼稚園なので、一度見てみたいと思っていた。

この時は「ようちえん」を見に行くのでは無く「デザイン」を見に行こうと思っていた。


実際に見学会が始まると、園長先生が案内してくれた。

園長先生はずっとにこやかで言葉が柔らかいが「幼稚園は子供が育つ道具」であり「子供の自立」という信念を感じた。


こういうステキな園長先生がいるから、佐藤可士和さんのデザインで幼稚園を作るという順番だったんだな。


建築関係の人も見学に来てたけど、寸法とかそういう事ではなくて、まず園長先生の想いを感じないと形だけまとめても建物に息吹は吹き込まれないだろう。



園長先生の話を聞いて、とても楽しい気持ちになった。
こういう感情は初めてだったなぁ~~~

魅力ある人の話を聴くというのは、ステキなことですね。

ふじようちえん2




▼ふじようちえんのHPはこちら
http://fujikids.jp/home/


もちろんデザインもステキでした。

一番良かったのは「居心地の良い距離感」だった。
ベンチに座り、園内を見回した時の開放感がたまらなかったです。

ふじようちえん



2011.12.27 Tue 09:45

 昨日の「﨑浜キャンドルカフェ」での現場お手伝いで、今年のイベント現場は全て終了しました。


「今年はどうだった?」


と、雑談の中で聞かれると決まって答えるのが


「充実した1年だった」



と、答えてます。



やはり今年は震災があったことは避けて通れません。そして、自粛ムードがあり、節電があり、イベントを主体とするアークシップにとって現実的な課題が多かったのは確かですが、1年が終わってみれば非常に充実した日々が続いていたなと感じます。


今、完全にチカラが抜けているので、そのギャップをひしひしと感じています。


来年はいよいよアークシップが設立10周年となります。


これまでの活動を通し「もう少しで明確に進みたい方向が定まる」という状態にあるので、来年は更に充実するだろうと今から期待しています。



今年もたくさんの人と出会いました。

本当にありがとうございました。



来年も楽しい時間と空間を共に創りたいので、これからもよろしくお願いします。






2011.12.19 Mon 18:06

 12/17(土)にヨコハマフッド!!2011を開催し、11年間の歴史に幕を下ろしました。


今は「達成感」と「喪失感」が同居していて、緊張感が取れて脱力感でいっぱいになっている。

「振り返れば11年過ぎていた」というのが正直なところで、そんなに続けていたんだなと改めて驚きを感じた。




初期の頃は本当に何も知らなくて・・・何をやるにも時間がかかった。
その分、設立メンバーと共に一緒に悩みながら、試行錯誤しながらゆっくりと一歩一歩踏みしめながら前進していった。この時期が一番居酒屋で飲んでた気がする。




横浜ブリッツに会場を移した中間期、だいぶノウハウもたまったし新しい仲間も増え始めたが、設立メンバーがアークシップから離れ始めた時でもあり「寂しい気持ち」と「前進しよう」という意気込みが同居した時期だった。

出場希望者も増え始め、200組以上の応募があったし、お客さんも600人近く入ってイベント規模という視点ではこの時期がピークだったと思う。



赤レンガに会場を移した最終期には、ただのコンテストでは無く「お客さんにも楽しんでもらうには?」という事を具体的に考え始めた時期だった。
「ラブソング限定」にする案が出た時、当時の自分は「コンテストとはこういうものだ」という既成概念が出来て、最初は受け入れられなかったが「地域で出来るコンテスト」という視点が重要である事に気付き、「パワーソングコンテスト」へと繋がっていった。
この頃は、中間期のような派手さではなく、中身を吟味するようになった時期だった。



このような変遷を歩めたのは、いつもその時々のアークシップメンバーからの言葉だった。

撤収も全て終えて最初に感じたことが「アークシップメンバーに対する感謝の気持ち」だったのは、きっとこれまで共に創り上げてきた仲間との歴史が頭の中を駆け巡ったからだと思う。




ヨコハマフッド!!にチカラを注いでくれて、本当にありがとう。


YH2011スタッフ集合写真



そして、出場してくれたミュージシャン、会場に来てくれたお客さん、共催・協賛・後援・協力の皆さん、全ての方々に感謝しています。
アークシップメンバーの想いだけでは、イベントは創れません。関わってくれた全ての人達がいたからここまで来る事が出来ました。

YH2011集合写真




もうね、頭の中には全ての方への【ありがとう】しかないんです。
上手く言葉にならないんですよ、今のこの感情が・・・・





ヨコハマフッド!!にかわる新しい事業は、これからアークシップメンバーと共に創り上げて行きます。


人と人とのつながりの連鎖が、パワーを生み出す事をヨコハマフッド!!を通じて知ったので、この体験を活かしてアークシップにしか出来ないことをカタチにしていきます。



これからもよろしくお願いします。



2011.12.20
アークシップ代表 長谷川 篤司


2011.12.16 Fri 20:34

 明日はいよいよヨコハマフッド!!ファイナル。


平静でいるようで、やはりココロ踊る感がある。



明日で11年の歴史をとじるという事については、過度に意識はしていないけど頭の片隅にはある。



「冷静でいながら熱もある」今の自分の感情は、とても心地良い。
なかなかこういう感情にはなれないから。


ヨコハマフッド!!は、関わる人全てにとって「何かのきっかけ」になって欲しいと願って開催している。


当然演奏する出場ミュージシャンが一番きっかけを得やすい。


そして次にスタッフ。


そしてそして、会場に来てくれたお客さんにとっても何かのきっかけになって欲しいという願いの結晶が「パワーソングコンテスト」である。お客さんにファイナリストの曲を通して届く物があったらとても嬉しい。




前日準備も終了したと今連絡が入った。


これで準備は万端だ。


明日、赤レンガのホールにいる全ての人にとってハッピーだと思える空間になるように頑張ろう!!








2011.11.28 Mon 18:49

 ずっと気になってました、大阪市長と大阪府知事のダブル選挙!!


そして、橋本さんに勝って欲しかった。



理由は、閉塞感のある現状を打破するパワーを感じる人だから。




出口調査のアンケートの一つに橋本さんに期待することとして「リーダーシップ」が大きな役割を占めていた。


石原都知事が指示されているように「明確に物を言う」「見えないチカラを恐れない」という姿勢が現状はひつようなのだと思う。





それにしても自分の街の代表は、自分の投票で選びたいよな~~~

日本のトップも自分の投票で選びたいな~~~




2011.11.18 Fri 16:46

これまで多大なるご協力とご理解を頂いてきたアークシップ主催のコンテストイベント【ヨコハマフッド!!】は、2011/12/17(土)に開催するファイナルをもって終了する事としました。


今年度で終了する決断をしたのは、「人とまちを音楽でつなぐ」という現在のアークシップの考えを実現するための企画を今後充実させたいという理由からです。



ヨコハマフッドは、11年という長い年月の間、その時々にベストだと思う内容に進化させながらここまで開催を続けてきました。



最初の頃は、「1組15分で3曲演奏」だったし、アコースティック限定で開催した事もあったし、10代・20代・30代以上の部にしたこともあったし、カバー部門を作ったり、ラブソングでの開催などなど。


記念すべき10回目の開催では「パワーソング」というアークシップにとってぴったりなテーマが見つかったことはとても大きく、この内容で長く続ける事も考えました。



「20年続けたら何かが見えるかもしれない」「ミュージシャンにとってきっかけになる場=種まきの場としての重要性はある」「街中での開催でたまたま足を止めた一万人より、ホールでしっかりと聴いてくれる500人だった価値はある」と、続ける理由も浮かびました。



しかし、アークシップが更なる飛躍を目指すには、次のステップに本格的に入る必要があるとここ2~3年は特に感じていたこともあり、これまで行ってきたような新たな企画では対応出来ない程の改革を行うべきではないか・・・


だから、「もうこれ以上進めない」と先が見えない状態まで続けるより、まだイベントに余力がある今年を最後にして、新たな道へ進み出そうという結論に至りました。



まるでバンドを解散するような言葉ですね。



11年続けてきたイベントですから、愛着もあるし寂しい気持ちでいっぱいですが、逆にまだチカラが残っている状態で終わらせてあげたいなと思っています。




11回目のファイナルに進出しているファイナリストの皆さんがステージを楽しんでくれる、お客さんがその演奏を聴いてココロ温度が2℃上がるように、スタッフ一同頑張ります。



お時間のある方は是非ファイナルに足をお運び下さい!!





2011.10.13 Thu 15:11

 10月23日(日)に関内駅から横浜公園、日本大通りを抜けて、象の鼻パーク、運河パーク(ワールドポーターズ前)桜木町駅のコレットマーレの全10会場にてホッチポッチミュージックフェスティバルを開催します!!


 この準備を中心に約2ヶ月パワーを使ってきまして・・・

なんとしても成功させたいと思ってます!!


CMも出来たので良かったら観てください!!

そして、10/23には是非遊びに来てください!!









▼ホッチポッチミュージックフェスティバルのHPはこちら
http://www.arcship.jp/nihon-street/


▼出演者&タイムテーブルはこちら
http://www.arcship.jp/nihon-street/img/timetable.pdf


▼アクセス(会場一覧)はこちら
http://www.arcship.jp/nihon-street/img/hotchpotch_omote.pdf


2011.08.03 Wed 23:31
社会人バンドのイベント「おとバン」が10周年を迎えることが出来ました。



とにかく盛りあがりまして・・・・
次の日燃え尽き症候群になってしまいました。



「社会人バンドはなかなかライブが出来ない。じゃあ社会人バンドが出演できる定期的なライブをやろう。そして、ただライブやるだけじゃなく打ち上げもセットにしてバンドの輪が広がるようにしよう」と10年前に始めたおとバン。


解散してしまったバンドもたくさんあるし、付き合いが無くなってしまった仲間もいる。




でも、新しい輪も広がり、10周年を盛大にお祝いすることが出来た。



参加して頂いた方をお見送りした時、皆さん笑顔を見ることが出来た。
ここまでやってきて良かったなと心底思った瞬間でした。



これからおとバンが参加してくれる人たちにとって居心地の良い空間であるようにしていき、次の目標である15年、そして100回開催を目指しますので、これからも宜しくお願いします。






Copyright © 代表の間 All Rights Reserved.

Designed by Flug